fc2ブログ

(杉並区)荻窪駅から右回りで春日神社バス停まで その4/5


2022年4月26日(火)曇一時小雨、午後南風強。都心最高気温17.9℃

その1/5では、荻窪駅南口から荻窪4と天沼1路傍の庚申塔、天沼2・熊野神社の力石、天沼1・石仏群を訪れ、散策した(2022年5月21日登載)。
その2/5では、阿佐ヶ谷1・神明宮の力石など、阿佐ヶ谷南1路傍の庚申塔、成田東4・天桂寺の庚申観音を訪れ、散策した(2022年5月29日登載)。
その3/5では、成田西3・宝昌寺の庚申塔群、成田西2路傍の庚申塔を訪れ、散策した(2022年6月11日登載)。



五日市街道を横断してから東方向へ戻り、関東バス駐車場東を左(北)へ入る。善福寺川緑地を横断して西田橋を渡り左岸へ行く。橋の左寄りは工事中らしく万能板で仕切ってあった。北へ行くと緑地の門があるので道路に出る。右へ200m行くと左側に石造鳥居がある。
220426 荻窪駅発着右回り 013 220426 荻窪駅発着右回り 013-0 田畑神社
荻窪1にある田端神社。画像左はL・フォレスト、マンションでしょうか。
参道を進み木造両部鳥居の先左側に石仏が並んでいる。
220426 荻窪駅発着右回り 013-1 220426 荻窪駅発着右回り 013-1-1
(左)左端は頭巾をかぶっていないが大黒天(大国主神との習合といわれる)らしい。台石正面に「□国」とあるようだ。区説明板によると、祭神五柱のひとつが大国主命だそうです。 
左から2基目と4基目は地蔵菩薩。
(右)左から3基目が庚申塔。日月・六手青面金剛・邪鬼・三猿。刻字は右側「奉納庚申 武刕…七左衛門」、左側「享保六丑年(1721)十月吉日☐行十一人」。「丑」字は異体字。日輪が載る瑞雲の位置が低いのは、どのような意味があるのでしょうか?
220426 荻窪駅発着右回り 013-1-2 220426 荻窪駅発着右回り 013-1-3
(左)青面金剛の上半身。
(右)邪鬼と三猿。
参道を進むと社殿。ほぼ東面している。
220426 荻窪駅発着右回り 013-2 220426 荻窪駅発着右回り 013-2-1
(左)拝殿、参拝。鈴緒は巻き上げてあった。
(右)白壁建物は幣殿あるいは石の間で、本殿の覆屋は樹に隠れている。
社殿の左脇に赤い鳥居と稲荷社がある。
220426 荻窪駅発着右回り 013-3 220426 荻窪駅発着右回り 013-4
その参道左に庚申塔が2基ある。
左の庚申塔。
220426 荻窪駅発着右回り 013-4-1
小型の笠付型の庚申塔。日月・六手青面金剛・三猿。刻字は右側「延宝五丁巳年(1677)」、左側「二月廿九日」。右側下にも刻字があるが読めない。月輪は右にある。
220426 荻窪駅発着右回り 013-4-1-1 220426 荻窪駅発着右回り 013-4-1-2
(左)青面金剛の上半身。
(右)三猿。
右の庚申塔。
220426 荻窪駅発着右回り 013-4-2
駒型の庚申塔。日月・六手青面金剛・二鶏・邪鬼・三猿。刻字には朱が入る。右側「奉供養庚申」、左側「享保三戊戌(1718)閏十月吉日」。
220426 荻窪駅発着右回り 013-4-2-1 220426 荻窪駅発着右回り 013-4-2-2
(左)青面金剛の上半身。刻像は全体に良い状態だが、面貌が破損している。人為的とも思える。
(右)二鶏、邪鬼と三猿。
稲荷社参道の右には力石が11個並んでいる。木札が立っているが、全く読めない。
220426 荻窪駅発着右回り 013-5 220426 荻窪駅発着右回り 013-5-0
(左)左半の6個。       (右)右半の5個
220426 荻窪駅発着右回り 013-5-1 220426 荻窪駅発着右回り 013-5-2 220426 荻窪駅発着右回り 013-5-3
(左)左端。切付は上「(右横書き)奉納」、中央「四拾貫目」、右左側「大正六年十一月/吉田☐ /井口角次☐」。(一つ目☐は「内」か)。
(中)左から2個目。切付は上「(右横書き)奉納」、中央「四拾五貫目」、右左側「大正六年十一月/當村/…次郎」。
(右)左から3個目。切付は上「(右横書き)奉納」、中央「四拾五貫目」、右左側「大正六年十一月/井口安五郎 /中島☐太郎」。
220426 荻窪駅発着右回り 013-5-4 220426 荻窪駅発着右回り 013-5-5 220426 荻窪駅発着右回り 013-5-6
(左)左から4個目。切付は上「(右横書き)奉納」、中央「三拾八貫目」、右左側「大正六年十一月/當村/中…」。
(中)左から5個目。切付は上「(右横書き)奉納」、中央「四拾貫目」、右左側「大正六年十一月/井口安…郎 /中…郎」。
(右)左から6個目。切付は上「(右横書き)奉納」、中央「五拾貫目」、右左側「大正六年十一月/當村/小林市松」。
220426 荻窪駅発着右回り 013-5-7 220426 荻窪駅発着右回り 013-5-8 220426 荻窪駅発着右回り 013-5-9
(左)左から7個目。切付は上「(右横書き)奉納」、中央「五拾五貫目」、右左側「大正六年十一月/當村/小林市松」。
(中)左から8個目。切付は上「奉納」、中央「三拾二貫目」、他にも切付がありそうだが刻字が浅くて読めない。
(右)左から9個目。切付は上「(右横書き)奉納」、中央「三拾五貫目」、右左側「大正六年十一月/松の木/井川新太郎」。
220426 荻窪駅発着右回り 013-5-10 220426 荻窪駅発着右回り 013-5-11
(左)左から10個目。切付は上「奉納」、中央「二十八〆目」、他にも切付がありそうだが読めない。
(右)左から11個目。切付は上「(右横書き)奉納」、中央「三拾二貫目」、右左側「大正六年十一月/□□次郎」。
ここで大正6年(1917)11月に大きな行事が行われたようですが、年表を見てもわかりません。大正4年11月には大正天皇即位がありました。ほとんどに「當(当)村」とあり、地元の力自慢が集まったようです。重さ1貫は約3.75kgなので、最も重い55貫のものは、約206kgになります。いつものことだが、文字の読み取りは自信がないです。誤りがあるかも知れません。
庚申塔背後の裏参道を通り、西側の道路へと抜ける。左(南)へ行く。

先ほど横断した善福寺川緑地の北の門に突き当たるので、右折する。河川工事中らしく神通橋は通行不可で、仮設の道路と橋を進む。
220426 荻窪駅発着右回り 014
途中、工事現場事務所の道路際に、作業員が拾い集めたらしいボールがまとめてあった。小さいのは左が軟式野球ボール、右がテニスボールのようだ。
仮設橋を渡って直ぐ先の十字路を左(北西)へ行く。道なりに400m行くと五日市街道に出るので右折し西へ進む。約400m先で環状八号をくぐり、さらに300m行くと、左の斜めT字路角に覆屋がある。
220426 荻窪駅発着右回り 015 
宮前1路傍の庚申塔である。生憎と格子扉が閉めてある。格子の間から撮影した、内には2基の庚申塔があった。 区説明板には「ここに建立されている石塔は、延宝六年(1678)・元禄九年(1696)銘の庚申塔です。…なお、ここからは昔、富士山が見えたので富士見浦と呼ばれました。塔わきの藤の木は、「庚申の藤」と呼ばれ、…」とある。堂奥に見える藤のことらしい。
220426 荻窪駅発着右回り 015-1
左は、日月・青面金剛・三猿が見て取れる。かろうじて読める刻字は、右側「延宝六☐天(1678)…」。左側「…十一月廿三日」。月輪は右にある。
220426 荻窪駅発着右回り 015-1-1 220426 荻窪駅発着右回り 015-1-2
(左)青面金剛の上半身。 (右)三猿。
220426 荻窪駅発着右回り 015-2
右はやや大型です。日月・六手青面金剛・三猿。刻字は右側「奉竒進庚申供養 武州…」、左側「元禄九丙子年(1696)☐一月十九日 大宮前新田村」。
220426 荻窪駅発着右回り 015-2-1 220426 荻窪駅発着右回り 015-2-2
(左)青面金剛の上半身。 (右)三猿。

最後の訪問地・春日神社を目指し、五日市街道を更に西へ行く。

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

(杉並区)荻窪駅から右回りで春日神社バス停まで その3/5


2022年4月26日(火)曇一時小雨、午後南風強。都心最高気温17.9℃

その1/5では、荻窪駅南口から荻窪4と天沼1路傍の庚申塔、天沼2・熊野神社の力石、天沼1・石仏群を訪れ、散策した(2022年5月21日登載)。
その2/5では、阿佐ヶ谷1・神明宮の力石など、阿佐ヶ谷南1路傍の庚申塔、成田東4・天桂寺の庚申観音を訪れ、散策した(2022年5月29日登載)。




天桂寺を出て右へ行き、直ぐ先で右折。左右が墓地の道路を南西へ向かう。30m先の左に海雲寺の山門があった。
杉並区説明板があり、「江戸城内の紅葉山から移転したといわれる由緒ある建造物です」とあった。
220426 荻窪駅発着右回り 010 海雲寺
江戸城に関係する建築物ということで、一応撮影した。
南西方向へ向かい左折・右折を二度して、区立東田中学校の北を通り西へ行く。
220426 荻窪駅発着右回り 010-1 220426 荻窪駅発着右回り 010-1-1
途中、道端で咲いていたコデマリ。
中学校から100mほど行って、善福寺川に架かる相生橋を渡る。上・下流の両岸は善福寺川緑地というそうだ。川に沿う園路を左へ進んで緑地を縦断すると、先は広場となる。道路向こう、角地にミニストップがあるので、弁当を購入。広場に戻りベンチで昼食。
220426 荻窪駅発着右回り 010-2
画像中央の建物はトイレ。その向こう側の園路を左からきた。左端、樹の下では、黄色いベストを着た保育園児でしょうか、車座になってお食事中のようです。
220426 荻窪駅発着右回り 010-2-1 220426 荻窪駅発着右回り 010-2-2
私のお食事は、豚スタミナ丼473円(税別)です。上に具、下に白飯の2段重ねだが、汁が溢れていて食べる前に指がベタベタになってしまった。ラベルには「背脂は正義!」抔と意味不明の言葉が添えてあった。下に「Seabura Pork Fat」とあるが、「背脂」に該当する英単語はないのだろうか? 約30分間の昼食休憩。

前の五日市街道を右に行くとすぐ右側が宝昌寺だ。
220426 荻窪駅発着右回り 011 宝昌寺
成田西3の寶昌寺。左手前に大きな寺号標石「白龍山 寶昌寺」。
220426 荻窪駅発着右回り 011-1 220426 荻窪駅発着右回り 011-1-1
(左)ゆるい上り坂の参道、石燈籠手前左側に庚申塔がある。
(右)駒型の庚申塔。日月・六手青面金剛・三猿。刻字は右側「奉造立庚申供養」、左側「元禄三庚午年(1690)十二月四日。日月は右に月輪。塔全体が青色で覆われているが、彫像の状態は良い。
220426 荻窪駅発着右回り 011-1-2 220426 荻窪駅発着右回り 011-1-3
(左)青面金剛の上半身。表情もわかる。
(右)三猿。
山門を通って左側、墓地との間に六地蔵の覆屋がある。参道正面にお堂があるので、参拝。
220426 荻窪駅発着右回り 011-2
私は本堂だと思ったが、豊川稲荷殿だということを戻ってから知った。区説明板には、「明治末期…愛知県の豊川稲荷(豊川閣妙巌寺)から分霊した…、近在諸村に豊川稲荷信仰が広まった」とあった。豊川稲荷は仏教系なので向拝には鰐口が下げてあるが、多くの稲荷は神道系で鈴を下げている。本堂は右の住宅風建物のようです。
六地蔵覆屋の右に石仏が3基ある。
220426 荻窪駅発着右回り 011-3
判りにくいが画像右端に、六地蔵を向いて3基目がある。
左の笠付型庚申塔
220426 荻窪駅発着右回り 011-3-1
日月・六手青面金剛座像・三猿。刻字は右側「奉納庚申供養武州多麻郡中野☐☐☐村」、左側「元禄三年午 (1690) ノ二月十日」。日月の月輪は右にある。参道の庚申塔と同じ年の造立でした。
220426 荻窪駅発着右回り 011-3-1-1 220426 荻窪駅発着右回り 011-3-1-2
(左)青面金剛像、座像は少ないです。
(右)三猿。子供のような、ふくよかな体型ですね。
中も笠付型の庚申塔。
220426 荻窪駅発着右回り 011-3-2
日月・二鶏・四手青面金剛・邪鬼・三猿。刻字は右側「奉造立庚申供羪成就所」、左側「寛文八申天(1668)九月二十四日」。右側枠「本願 ☐嶋七兵衛」。右側面「武州玉郡中野☐☐村」。背面「石☐/市谷田町 高橋長」、☐は「屋」のようだ。上枠の日月は瑞雲がなく、月輪が右。彫像の状態は良い。
220426 荻窪駅発着右回り 011-3-2-1 220426 荻窪駅発着右回り 011-3-2-2
(左)青面金剛の上半身、四手は少ないです。二鶏は主尊の肩に止まっているようだ。面白い表現ですね。
(右)邪鬼と三猿。邪鬼は身体を右へ向けている。三猿は肩と上腕も彫り出している、これも類型的でない。
右は小型の馬頭観音像。
220426 荻窪駅発着右回り 011-3-3 220426 荻窪駅発着右回り 011-3-3-1
三面八臂の馬頭観音座像。頭頂部に馬頭像らしいものがある。やや風化している。
少し進むと稲荷堂手前左に墓地へ行く通路があり、その左側に堂の方を向いて地蔵菩薩がある。
220426 荻窪駅発着右回り 011-4 220426 荻窪駅発着右回り 011-4-1
刻字は右側「奉造立地蔵尊/爲諸…」、ネット情報では「庚申」の刻字があるようだが、読み取れない。左側「武州多東…/于時寛文三□□卯(1663)八月吉日」。
庚申塔裏の墓地通路で、絡み合うトカゲがいた。
220426 荻窪駅発着右回り 011-5
と思ったが、ネットで調べると尾が非常に長い、胴体断面が角ばっている、ウロコが乾いた感じであることかから、カナヘビらしい。

五日市街道を右(西)へ向かう。600m先の左側角地、一段高い区画に庚申塔がある。向かいは関東バスの五日市街道営業所バス停で奥に駐車場が広がる。
220426 荻窪駅発着右回り 012 220426 荻窪駅発着右回り 012-1
成田西2路傍の庚申塔。笠付型の庚申塔。日月・六手青面金剛・二鶏・三猿。刻字は正面の筒身下部に「奉納庚申供養/爲二世安樂也/宝永五戊子年(1708)/十月十八日/田□村施主/河☐☐右衛門/…」。一つ目の☐は「端」のようだ。日月の月輪は右。彫像状態は比較的良い。
220426 荻窪駅発着右回り 012-1-1 220426 荻窪駅発着右回り 012-1-2
(左)青面金剛の上半身。
(右)二鶏と三猿。左が雄鶏のようだ。

向かいの関東バス駐車場東を左(北)へ入る。善福寺川を渡り左岸へ行き緑地を横断して、田端神社の石造物群を訪れる。

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

(杉並区)荻窪駅から右回りで春日神社バス停まで その2/5


2022年4月26日(火)曇一時小雨、午後南風強。都心最高気温17.9℃

その1/5では、荻窪駅南口から荻窪4と天沼1路傍の庚申塔、天沼2・熊野神社の力石、天沼1・石仏群を訪れ、散策した(2022年5月21日登載)。



天沼1路傍の石仏群の南道路を左(東)へ100m、右角の慈恩寺手前で右折する。直ぐ先が遊歩道になっているので、左折し東へ歩く。
220426 荻窪駅発着右回り 006
カラーブロックが敷いてあり、緑が多い遊歩道です。青道(あおみち)のようですが、玄関が面している建物もあった。
220426 荻窪駅発着右回り 006-1 220426 荻窪駅発着右回り 006-2
立方体の花崗岩が二つ置いてあった、休憩用の腰掛でしょうか?磨いた表面にエビとカニ(甲羅が台形的なのでサワガニか)が線彫りしてあった。私が子供の頃、田舎に行くと腹に子蟹をいっぱい抱えたサワガニを見ました。まだ、農薬が使用されていない時代です。
約400m歩くと松山通りに出る。右折しすずらん灯の商店街を南へ向かう。200mほど行って左へ入ると、中杉通りにでるので右に行く。すぐ右側が世尊院墓地です、鉄扉が閉じていた。歩道橋の先に世尊院大悲殿の堂があり、墓地への通路があるかと思ったが、なかった。この墓地には歩道を背にして石仏が並び、六手青面金剛像や三面六臂馬頭観音座像があるはずだが、残念ながらご縁がなかった。

前方の世尊院前交差点を左折、50mほど先の左に大きい石造鳥居がある。
220426 荻窪駅発着右回り 007
阿佐ヶ谷1にある神明宮です。
鳥居を潜ると、参道を横切る細い水路がある。
220426 荻窪駅発着右回り 007-1
水路切石の左奥。植栽の中に三猿がある。
220426 荻窪駅発着右回り 007-1-1 220426 荻窪駅発着右回り 007-1-2
水路に流れはない。丸彫りの三猿。このような台石と一体の丸彫り三猿は、葛飾区の南蔵院と延命寺で見た。どちらも聞かざるは頭を抱えていた(2019年6月23日登載)。
そのすぐ先を右に入る、左に神楽殿が見える。
220426 荻窪駅発着右回り 007-2 220426 荻窪駅発着右回り 007-2-0
突き当たり右、樹木の下に隠れるように力石が5個並んでいる。
220426 荻窪駅発着右回り 007-2-1 220426 荻窪駅発着右回り 007-2-2 220426 荻窪駅発着右回り 007-2-3
(左)左端。切付があるが、浅くて読み取れない。
(中)左から2個目。上に「(右横書き)奉納」、中央「二拾五貫目」、右側「大正十四年(1925)/四月廿八日 納之」、左「淵崎☐(屋号)水金内/□森喜代助」。一つ目の☐は「廰」に似ている。
(右)左から3個目。上に「(右横書き)奉納」、中央「四拾八貫目」、左下にも文字があるが読めない。
220426 荻窪駅発着右回り 007-2-4 220426 荻窪駅発着右回り 007-2-5
(左)左から4個目。表面が荒い。上に「(右横書き)奉納」、中央「三拾貫目」、右側に文字があるが読めない。左側「□崎☐(屋号)□金内/福☐…」。
(右)左から5個目、上に「(右横書き)奉納」、中央「四十八〆目」、左側「相沢内/□吉」。☐は「乙」に見えるが・・・。 どれも私の拙い判読力の結果ですので、信頼性はないです。
参道を進むと前方右に神門がある。
220426 荻窪駅発着右回り 007-3 220426 荻窪駅発着右回り 007-3-1
神門手前右、植栽の中に織部燈籠があった。新しそうです。竿の上部にF字記号があるが立像はない。キリシタン燈籠でしょうか?
220426 荻窪駅発着右回り 007-4 220426 荻窪駅発着右回り 007-4-1
(左)神門から拝殿、参拝。
(右)拝殿奥の本殿など。
220426 荻窪駅発着右回り 007-4-2
神門の扉内側に大八車(だいはちぐるま)があった。現役として使用できそうな状態だった。

石造鳥居正面の道路を道なりに南下するとJR阿佐ヶ谷駅に出る。線路南側に行くと、左前がパールセンター商店街だ。アーケードを歩くこと300m強、右角の店外に石仏がある。
220426 荻窪駅発着右回り 008 
阿佐ヶ谷南1路傍の石仏。
220426 荻窪駅発着右回り 008-0 220426 荻窪駅発着右回り 008-1
(左)建物角にニッチ状の凹部があり、2基の石仏が納まる。生花が供えられていた。
(右)左は地蔵菩薩立像。激しく破損している。右側刻字「奉造立念佛講石塔一基二世安樂所」、左側「…吉祥日 武刕阿佐ヶ谷村/…」、下段に女性名と思われる平仮名が並んでいる。
220426 荻窪駅発着右回り 008-2
右が笠付型の庚申塔。種子・六手青面金剛・三猿・二鶏。左側面「元禄四☐未年」。風化している。
説明プレートがあり、共に元禄四年(1691)造立だそうです。さらに、このパールセンターは、昔、権現みちと呼ばれ…、などともある。なお、説明文には、地蔵の刻字が「石燈一基」としてありますが、私には「石塔一基」と読めました。
220426 荻窪駅発着右回り 008-2-1 220426 荻窪駅発着右回り 008-2-2
(左)青面金剛の上半身。
(右)三猿と二鶏。二鶏は三猿の下にいる。

さらに南下すると、アーケードが終ったところでY字路となるので、右へ行く。青梅街道に出て杉並警察署前交差点で横断し直進する。一つ目の十字路で左折、100m先の右側に天桂寺がある。
220426 荻窪駅発着右回り 009 天桂寺 220426 荻窪駅発着右回り 009-0
成田東4にある天桂寺。門前の大きな自然石の寺号標石「月光山 天桂寺」が目につく。正面が本堂。参拝。
220426 荻窪駅発着右回り 009-1 220426 荻窪駅発着右回り 009-2
振り返ると、門内参道左に3基の石仏が並んでいる。
220426 荻窪駅発着右回り 009-2-1
左は丸彫り観音菩薩立像。腰の裳(正しくは裙だそうです)に刻字がある。中央「奉供養庚申待講中 諸願成就之所」、右側「寛文四甲☐(1664)七月 吉祥日/願主」、左側「□□多東… /敬白」。 これら刻字はなんとなく後刻のように思えるのは私だけでしょうか?
220426 荻窪駅発着右回り 009-2-1-1 220426 荻窪駅発着右回り 009-2-1-2
(左)線香立後ろの台座に浮彫りした三猿。撮影をしていなかったので、トリミング拡大した。
(右)蓮弁には多数の名前らしきがある。「石屋/長…」と読める刻字もあった。
なお、区HPの天桂寺説明に、「境内にある寛文4年(1664)銘の聖観音石像は俗に『庚申観音』と呼ばれる珍しい石仏です」とある。また区民俗文化財説明には、「…「石屋長兵衛」とあるが、石工名を刻した石造物としては区内最古。「武州多東郡田端村」の地名が記載されているが、…多東郡と称することは…ほぼこの頃が下限とみられる」などともある。 中は、寛政七乙卯年(1795)の丸彫り地蔵菩薩でした。

直ぐ先で右折し、墓地の間を南西へ行く。

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

(杉並区)荻窪駅から右回りで春日神社バス停まで その1/5


2022年4月26日(火)曇一時小雨、午後南風強。都心最高気温17.9℃

荻窪4と天沼1路傍の庚申塔、天沼2・熊野神社の力石、天沼1路傍の石仏群、阿佐ヶ谷1・神明宮の力石群など、阿佐ヶ谷南1路傍の庚申塔、成田東4・天桂寺の庚申観音、成田西3・宝昌寺の庚申塔群、成田西2路傍の庚申塔、荻窪1・田端神社の庚申塔力石群、宮前1路傍の庚申塔、宮前3・春日神社の力石群、宮前3・慈宏寺の三猿水盤などを訪れ、散策した。
今回散策エリアは古い道路が多く、細くて道筋が複雑なので迷ってしまった。力石が30個以上も見ることができて大漁だった。



JR荻窪駅南口から散策開始です。
220426 荻窪駅発着右回り 001
札幌ラーメンからメジャーになったご当地ラーメンだが、その早い時期に全国デビューした荻窪ラーメンの店は、北口・青梅街道沿いにある。当時私は遠くない所に住んでいたが、今だに食する機会が無いです。私には、初めて食べた札幌ラーメンの濃厚な味に非常に驚いた記憶が残っています。昭和40年代後半のことでした。
線路沿いに東へ行く。300mほどの右側、高層ビル敷地の東北部が小山状になって樹木が茂っている。
220426 荻窪駅発着右回り 002 220426 荻窪駅発着右回り 002-1
小山の西寄に庚申塔があった。右画像の中央あたりに三角形の頂部が見える。
220426 荻窪駅発着右回り 002-2
笹に囲まれた大きい自然石。正面に「庚申」の刻字。背面にも刻字があるようだが読めない。手前に小さい狐座像が見えた。近くに寄る通路があるかと思い裏へも回ったが、見つからなかった。

さらに300m東へ行くと青梅街道に出るので横断する。すぐ東の細い道路に入り北へ行くと突き当たるので左折。前方に中央線の高架橋が見える。潜ってから右へ道路なりに100m行ったT字路左角にアルミフレームの覆屋がある。
220426 荻窪駅発着右回り 003 220426 荻窪駅発着右回り 003-0
天沼1路傍の石仏。生花と果物が供えてある。
220426 荻窪駅発着右回り 003-1 220426 荻窪駅発着右回り 003-2 後ろ左
(左)手前左の小型石柱。刻字は正面「奉供養庚申講」、右側面「□保十二丁未歳十一月吉日」、左側面「武州…」。「十二丁未」年に該当するのは、享保十二年(1727)でした。
(右)後列左は光背型の地蔵菩薩立像。頂部が折損補修してある。刻字は右側「奉造立地蔵菩薩爲二世安樂也」、左側「寶永二乙酉年(1705)十月廿四日講中拾五人/武刕多麻郡天沼村」。
220426 荻窪駅発着右回り 003-3 後ろ右 220426 荻窪駅発着右回り 003-3-1
右は光背型の庚申塔、失礼して前垂れを上げて見たところ正手は合掌でした。日月・六手青面金剛・三猿。右側「奉…庚申供養安樂所」、左側「元禄…年十月吉祥日 武刕天沼村」。
横の杉並区説明板には、右側は元禄十一年(1698)であり、角柱型は…元は笠付であったものが軸部のみ残された…、などとあった。

ここで左折し、北へ向かう。途中経路は判りにくい、日大幼稚園の東側を通り過ぎると100mほどで突き当たる。左(西)へ行った右側に熊野神社がある。
220426 荻窪駅発着右回り 004
天沼2にある熊野神社。右側の稲荷神社は後で寄る。
220426 荻窪駅発着右回り 004-1 220426 荻窪駅発着右回り 004-1-1
参道正面に社殿がある。まず参拝。
社殿手前左に玉垣で囲まれて、木祠が二社ならんである。
220426 荻窪駅発着右回り 004-2 220426 荻窪駅発着右回り 004-2-0
(左)区HPによると、右の木祠にはご神体「太現尊大神」として正応四年銘板碑が祭られているそうだ。
(右)左端には力石が2個、台石に固定してある。説明石板があり、「…江戸末期、明治初年期頃奉納」とある。
220426 荻窪駅発着右回り 004-2-1 220426 荻窪駅発着右回り 004-2-2
切付の「〆」は、重さの単位「貫目」の異体字。
境内右脇には白玉稲荷神社がある。
220426 荻窪駅発着右回り 004-3 220426 荻窪駅発着右回り 004-3-1
道路寄りに現代風の双体道祖神があった。

東へ戻り200m行くと道路が少し雁行する十字路がある。右折して直ぐ左に、背を向けて石仏が並んでいる。
220426 荻窪駅発着右回り 005 220426 荻窪駅発着右回り 005-0
(左)左の道路を奥の方から来た。
(右)天沼1路傍の石仏群です。説明板を間にして、左側に2基、右側に3基の東面する石仏がある。
左側2基の左。
220426 荻窪駅発着右回り 005-1
笠付型の庚申塔。日月・種子・六手青面金剛・二鶏・邪鬼・三猿。比較的状態は良い。刻字は右側「奉造立庚申供養二世安樂所」、左側「武刕多麻郡天沼村 講中十四人」。左側面「元文五庚申歳(1740)十月廿三日」。60年に一度廻りくる庚申のアタリ年の造立でした。日月は月輪が右にある。
220426 荻窪駅発着右回り 005-1-1 220426 荻窪駅発着右回り 005-1-2
(左)青面金剛の上半身。
(右)二鶏、邪鬼と三猿。
左側の右。
220426 荻窪駅発着右回り 005-2 左右 220426 荻窪駅発着右回り 005-2-1
(左)笠付型の庚申塔。日月・六手青面金剛・三猿。刻字は右側「奉造立庚申供養石塔一基二世安樂処」、左側「宝永元甲申(1704)九月十三日」。
220426 荻窪駅発着右回り 005-2-2 220426 荻窪駅発着右回り 005-2-3
(左)三猿。
(右)右側面下に人名らしきが二行刻まれているが、判読できない。
説明板右側の石仏3基。
220426 荻窪駅発着右回り 005-3 右左 220426 荻窪駅発着右回り 005-4 右中 220426 荻窪駅発着右回り 005-5 右右
(左)右側の左、百観音供養塔。刻字は、種子・「☐納西☐百番供養爲二世安樂也」、「西☐」文字の右・左には「□□/秩父」、最下部「(右横書き)敬☐」。右側面「宝曆九己卯天(1759)十月吉日」、左側面「武州多摩郡天沼村」。 
(中)中は地蔵菩薩立像。 
(右)右は供養塔。刻字は、種子(阿弥陀三尊)・「奉納西國坂東秩父百箇處…/奉唱満光明真言二百萬遍…/奉供羪光明真言一百萬遍唱…」。台石に「享和三癸亥星(1803)/…」。 
区説明板によると、「これらの石造物は地域の区画整理の際に集められたもので、…」だそうです。

東へ向かってから、南下する。

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

(和光市)東上線の南側を和光市駅から成増駅まで その5/5


2022年3月3日(木)晴、都心最高気温15.0℃、花粉予報「多い」。

その1/5では、ニホニウム(Nh)モニュメント、中央1・浅久保富士塚、中央2路傍の馬頭観音を訪れ散策した(2022年3月26日登載)。
その2/5では、滝坂の湧水、白子2・地福寺の地蔵庚申塔・キリシタン燈籠、旧白子村道路元標、同・熊野神社の富士塚などを訪れ散策した(2022年4月2日登載)。
その3/5では、白子2・路傍の馬頭観音、同・諏訪神社力石、同・第五分団消防ホース干しと八雲神社を訪れ散策した。ハクビシンと遭遇(2022年4月17日登載)。
その4/5では、白子2・観音寺、同・天理教会内火の見櫓、白子1・浩乃湯、練馬区旭町3・妙安寺キリシタン燈籠を訪れ散策した(2022年4月24日登載)。



妙安寺を出て更に北上すること200m、右角に石造鳥居と奥に小山がある。右手前に「出世稲荷神社」の社号標石が立つ。
220303 和光市南を成増駅まで 019 旭町3・稲荷神社
練馬区旭町3にある出世稲荷神社です。
220303 和光市南を成増駅まで 019-1 220303 和光市南を成増駅まで 019-1-1
石段左右に狐の狛犬が一対。薄暗い木陰でみると、すこし不気味です。
220303 和光市南を成増駅まで 019-2 220303 和光市南を成増駅まで 019-2-1
石段上の社殿。金網の間から奥にある幣殿と本殿(あるいはその覆屋)。
さらにその先の左手に覆屋がある。大鳥神社です。
220303 和光市南を成増駅まで 019-3 220303 和光市南を成増駅まで 019-3-1 220303 和光市南を成増駅まで 019-3-1-1
(左)覆屋内には、一間社流造りの木祠がある。  
(中・右)脇障子の彫刻を格子の間から撮影。
220303 和光市南を成増駅まで 019-3-2
覆屋手前右に丸い石があったので一応撮影。拡大してみたが、切付が無く力石かどうかは、わからない。
そのまま進み、東方向へ石段を下りる。この道は、大鳥神社の参道なのでしょうか?
220303 和光市南を成増駅まで 019-4
一対の狛犬があった。頭部も参道へ向けている。
220303 和光市南を成増駅まで 019-4-1 左 220303 和光市南を成増駅まで 019-4-1-1
社殿に向かい左の狛犬、角が二本あった。
220303 和光市南を成増駅まで 019-4-2 右 220303 和光市南を成増駅まで 019-4-2-1
右の狛犬、角が一本ある。大変珍しいことに左右とも「狛犬」でした。
一般的に狛犬と云っても、神社の社殿前などにあるものは、左右とも無角の獅子であることが多いです。 
上杉千郷『狛犬事典』戎光祥出版株式会社によると、「当時(平安時代を指す)の風習として御簾の前の左右に獅子・狛犬を一対で置いた」。「牛に似て角が1本しかない黒い獣「兕(じ)」が、狛犬」だそうです。これは西洋のユニコーン(一角獣)のようなイメージでしょうか。一方「獅子の先祖はライオン」とのこと。「獅子には唐獅子の姿、狛犬には兕の姿を重ねており、それぞれ別の動物と考えていた…」とあります。
このブログでは、社殿などの前に置かれた一対の動物像(神使と云われる、猿・狐・狼・兎・鹿なども)を総称して一対の狛犬としている。獅子に似た狛犬の場合、無角であれば獅子、角の数に関係なく有角であれば狛犬と区別しています。
なお、本来の狛犬一対は向かって左に有角の狛犬、右に無角の獅子を配置する、ということは2015年11月15日登載ブログで触れている。
220303 和光市南を成増駅まで 019-5 220303 和光市南を成増駅まで 019-5-1
さらに下りると立札があり、住み着いている茶トラ猫「らいちゃん」のエサ遣りについてのお願いだった。周りを見渡したところ、茶トラは見当たらなかったが、キジトラが丸まっていた。薄目を開けて私を見た。失礼して、1枚パチリ。
220303 和光市南を成増駅まで 019-6
南道路から見た東側の参道。

さらに北上すると、川越街道に突き当たるので右折。直ぐにある信号で横断し北側へ行く。板橋区となる。目の前の擁壁上に次の石造物群がある。左に行き、擁壁に沿って右へ入る。左角に小さな神社があったので寄ってみた。
220303 和光市南を成増駅まで 020 八坂神社 220303 和光市南を成増駅まで 020-1
板橋区成増2にある八坂神社。
220303 和光市南を成増駅まで 020-2 220303 和光市南を成増駅まで 020-2-1
一対の狛犬。 正面に社殿、参拝。
220303 和光市南を成増駅まで 020-3
石段右斜面に双体道祖神像があった。いかにも現代の工具で彫刻した石の像に見えます。誰ぞが、勝手に置いたものと想像します。石材も自然石風に加工したようにも見えるが、どうでしょうか。

石段左前の細い道路を上ります。下の川越街道との間の細長い土地に石造物群がある。
220303 和光市南を成増駅まで 021 新田坂の石造物群 220303 和光市南を成増駅まで 021-2
(左)新田坂(しんでんざか)の石造物群。入口右に「子育地蔵尊」標木、左には赤い幟旗「板橋区唯一の道祖神」が立つ。
(右)ここにも真正面に双体道祖神像が置いてあった。自然石を光背状に深く彫り込み、神仏像を浮彫りしたこの手の石像をよく見かけます。良くない意味で同工異曲です。施主銘・紀年銘がありません。どこかで大量に製作し既製品として販売しているのでしょうか?
このブログでも2019年4月21日に登載した、江東区亀戸3の天祖神社などで似た石像が置いてあった。
220303 和光市南を成増駅まで 021-1 220303 和光市南を成増駅まで 021-1-1 左1
(左)入口を入ると、左手に石仏が4基ならんでいる。
(右)手前・左端は、覆屋内に地蔵菩薩立像。これが子育地蔵のようです、お菓子など供え物がいっぱいある。
220303 和光市南を成増駅まで 021-1-2 220303 和光市南を成増駅まで 021-1-3 左4 
(左)左から2基目の石燈籠。竿の正面中央「石尊大權…」、下左右「大天狗/小天狗」。右側面「文政十三寅年(1830)」、左側面「六月吉日」。 左から3基目は、石祠と手前に狐像が一対。
(右)左から4基目。自然石「道祖神」、背面「文久三癸亥歳(1863)/二月吉日建之/向新田講中」。 
板橋区説明板には「この案内板の前の坂道は、江戸時代の川越街道です。ここに保存されている石造物四基は、新田坂周辺から集められたものです。道祖神は、区内唯一のもので、文久三年(1862)に建立…。常夜燈は、…「大山」と刻まれていることから道標も兼ねて…。稲荷の石祠と丸彫りの地蔵は造立年代は不明ですが…。四基の石造物は区の有形文化財に登録されました。」とある。 なお、手元の『歴史読本』1973.12「万有こよみ百科」では、文久3年1月1日は、グレゴリオ暦1863年2月18日なので1863年の誤記でしょうか?

細い道路を右へ行く。区説明板からこの道路は、旧川越街道であったことがわかった。約400m先で、左斜めの「なりますスキップ村」と表示があるゲートを入る。ブロック舗装の商店街を進むと成増駅である。
220303 和光市南を成増駅まで 022 成増駅南口
東武東上線成増駅南口。

歩数計は16,800歩(自宅発着)、散策時間は5時間45分(和光市駅から成増駅まで)だった。

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

柴二郎(男)

Author:柴二郎(男)
酒はダメです。
たまに、散歩します。
読む人もいないと思うので、思いついたままの独断を書いています。
投稿は適当にするけど、当分は過去の散策記録が主です。
武蔵国はここでは、東京都・埼玉県とその周辺の範囲です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR